魅力の涙袋がたるみに変身してしまう!日々のケアでハリのある目元に・・・

今やアイメイクをしない人は少なく、どうしたら魅力的な目になれるかと日々研究している若い子も多いものです。目はその人の印象を左右する重要なパーツです。ニコッと笑うと目の下の涙袋がぷくっと膨らむ女性を見ると、かわいいと感じますよね。下瞼のまつ毛にそった部分で大きさには個人差があります。

私が若い頃は内田有紀さんのようなぷっくりとした涙袋が欲しいと思ったものです。当時はそれほど、涙袋という言葉が流行ってはいなかったですが、女性にとっては憧れでもあります。

涙袋は若々しく印象づけたり、目が大きくかわいらしく見られるためとても人気です。メイクでも涙袋メイクや涙袋コスメなどといった言葉が流行するほどです。

若い女性の憧れでもある涙袋は、若い頃はぷっくりと下涙袋がチャームポイントだったのに、年を重ねるとそれが加齢とともにシミやシワ、弛みに代わって目立ってしまいます。若い頃は涙袋だったのに、年を取ると目袋と言われるようになっていきます。

もともと涙袋と言われていますが、涙が入っているわけではありません。涙袋は筋肉であり、年齢と共に筋肉が衰えたるんでいくのは仕方ないものなのです。若い頃は大きくてぷっくりした涙袋が自慢だったのに、年を取ると大きい分、弛みも大きくなって目立ってしまいます。

そんな涙袋の筋肉を衰えさせないために若い頃からしっかり、目の周りの筋肉「眼輪筋」を鍛えておくことが大切です。長時間パソコンや、スマホ、テレビを見ている人もまばたきをする回数が少なく、筋肉が衰えやすくなります。またあまり人と話す機会が少ない人も要注意です。

そんな人は下記を日常の生活に取り入れるといいでしょう。

思いっきり目を細めます。目を細めたままの状態で眉毛を上に引き上げ10秒キープし、眉毛を戻します。

またできるだけ頬を動かさず、片目ずつウインクする方法も効果的です。意外にやっていみると難しく、筋肉を鍛えてると実感できますよ。

そして目の周りにクリームを塗り、目頭から目尻に向かって優しくなぞるようにマッサージするのもおすすめです。目の周りの皮膚は薄いため、肌を傷つけないように行うのがポイントです。

若い頃は自慢だった涙袋が年を取った時に、老けて見える原因とならないように早め早めにケアしておくことが大事です。年齢と共に目元も皮膚も衰えていくことは仕方ないことですが、あきらめず、目元の弛みを改善し、ハリを取り戻せるように頑張りましょう。

紫外線やエアコンが悪影響!まだまだあった目元を衰えさす原因とは・・・

いつまでも衰えてほしくない目の周りの筋肉。いつまでも目力のある印象的な目でいたいですよね。しかし目元は年齢と共に垂れ下がってしまうものです。さらに現代ではテレビやパソコン、スマホなどの影響によりまばたきをする回数が減り、さらに目の筋肉を弱める結果となってしまいました。

しかし、日常におて私たちの目を衰えさす原因はこれ以外にもあるのです。

まずは老廃物です。普段目の周りに何か特別なケアってしていますか?ほとんどの人が洗顔をして化粧水をつけて、保湿クリームをつける程度ですよね。しかし目の周りは何もケアしないと疲労により目の下の血流やリンパ液の循環が悪くなってしまうのです。そして不必要な水分や老廃物が溜まってしまいます。それが蓄積され、老廃物がリンパ管につまり、さらに流れにくくなってしまいます。そしてそれがむくみやたるみの原因となってしまうのです。

またエアコンや紫外線もよくありません。

今は夏場は猛暑。あまりの暑さからどこもかしこもエアコンがフル稼働していますよね。世の中はクールビズと言ってエアコンの温度を下げましょうとなっていますが、実際ガンガンに冷え切った部屋に入ることが多いのではないでしょうか?銀行や公共施設など涼しいところばかり。冷え症が多い女性にとって職場が辛いと感じる人もいるほどです。

紫外線を強く浴びたり、エアコンのよく効いた部屋にいると、乾燥を感じることはありませんか?

さらに年齢が上がると皮膚は乾燥しやすく、日常生活において肌の乾燥を感じることがあると思います。乾燥は顔全体の弛みの要因となってしまいます。さらに目の周りの皮膚は特に皮膚が薄く、皮脂腺も少ないため保水力が弱い部分となります。そのため顔の他の皮膚に比べてハリや弾力を保つ力が弱くなってしまいます。確かに乾燥肌な私はいつも目の下の部分の皮が乾燥で剥けてしまいます。その部分の保水力が弱いと聞くと確かに・・・妙に納得してしまいました。

そして肌の乾燥が起こると、肌内部のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化し肌の弾力が失われてしまうのです。そしてそれが目の周りの弛みを招いてしまいます。

目の周りの筋肉は薄い挙句に衰えやすい部分です。さらに乾燥や、紫外線のも影響しやすく、ちゃんとケアしてあげないといけない部分ですが、ついつい怠ってしまいがちです。目元は人の印象を左右する重要なパーツです。日頃からちゃんとケアしていくことが大切です。

ちゃんとまばたきしてる?年齢と共に衰える目の筋肉を鍛えよう。

目元のハリがなくなった、目元が弛んできたと悩んでいる人は多くいるはず。30歳を超えたあたりから、急に目の周りのたるみやシワが出来たと実感する女性も多いのではないでしょうか?

目元が垂れ下がってきても加齢が原因で仕方ないと思っていませんか?もちろん加齢もその原因のひとつであるのは確かです。目元が弛む原因としてあげられるのが顔の表情筋が衰えていることがあげられます。表情筋は顔にある筋肉の総称のことで、30種類以上の筋肉があります。この筋肉を動かくことにより私たちの笑顔や悲しい顔、泣いた顔など表情を作り出すのです。しかし日常生活において使われている表情筋は全体の約30%に過ぎないのです。その中でも目を閉じる時に使われる「眼輪筋」、目を開くときに使う「上眼瞼拳筋」は特に衰えやすいと言われています。この二つの筋肉は皮下脂肪を支えており重要な役割をしています。

他の筋肉に比べて目の周りの筋肉は3分の1の薄さです。皮下脂肪は年齢を重ねるにことにより代謝機能が衰え、肥大化し、重力の影響で下に落ちてきます。目の皮下脂肪を支える二つの筋肉は薄いため、支えれなくなり垂れ下がってしまいます。また、美しくありたいがためにしているマスカラやつけまつげ、エクステなどはまつ毛を下方向に引っ張る結果となり、重さを支え切きれなくなりたるみを悪化させる原因となるのです。

また原因はこれだけではなりませんが、現代社会が影響しているのです。日常生活に普及しているパソコンやスマホ。暇さえあれば見ているという人も多いのではないでしょうか?ちょっとした待ち時間や電車の中などスマホを見ている人は多くいます。また仕事中でずっとパソコンを使用している人も多いですよね。それにテレビもそうです。何かに集中している時、人はまばたきの回数が減少します。まばたきの回数が減ると筋肉の使用量が減り、筋肉が衰え、結果目の周りをたるませてしまうのです。

自分の日常生活を振り返るとまばたきが減ったと実感できるでしょう。今ちゃんとまばたきしていますか?

こんなことでと思われがちでちですが、加齢以外にも目の周りの筋肉を衰えさす原因があります。意識的にまばたきを多くしたり、スマホやテレビ、パソコンを長時間見るのをやめるなど、目に良いことをすることも大切です。年齢と共に衰えてしまう顔の筋肉。少しでも衰えをなくすために、しっかり目をの周りの筋肉を鍛えるようにしまうしょう。

瞼は30代から要注意!瞼は重力に負けて垂れ下がる?

今の時代、ほんとに50代?というような美魔女の女性が多くいます。ほっそりスタイルにきれいな肌。どこから見ても30代に見えるという女性が増えていますが、そんなきれいな美魔女でも気になる部位があります。それが目です。きれいに見せていても目は年齢が出ると言われています。目は顔の中で最も印象を左右させる部位です。中には印象を変えるために、つけまつげをしたりエクステをしたりと試行錯誤をしている人も多くいます。いくつになってもきれいでいたいと思うのが女性です。

しかし目の周りは加齢や様々な原因からたるんでくるのです。

あなたの目は鏡で見て大丈夫ですか?垂れ下がって、クマができたりしていませんか?

アンケートによると目の弛みが気になると答えたのが20代で35%、30代で62%、40代、50代で70%、60代にもなると80%以上の人が気になると答えています。30代になると急激に増加する結果となっています。その中でも一番気になると答えているのが、下瞼の弛みやクマです。下瞼の皮膚は重力に逆らえず、下方向に向かって下がってしまい、下瞼にクマが出来てしまいます。クマが気になりだし、コンシーラーで隠すことも可能ですが、やはり年齢と共にクマが大きくなり、隠しきれないと悩んでいる人もいるのです。

そして、次に気になるのが、上瞼の弛みです。上瞼が垂れてくることで見た目はもちろん、視野が悪くなるといった問題もあります。私の母も片方の上瞼が60歳を過ぎたころから垂れ下がってきました。若い頃はきれいな二重だったのにいつの間にかその皮膚が垂れ下がってきたのです。瞼は目の半分まで垂れ下がっているため、見えずらいのではと心配していましたが、本人的には特に気にならないようでした。また車の運転はしないので日常生活に支障をきたすことはありませんでした。しかし、瞼のおかげで表情が暗く見えたり、周りから老けて見えてるのではないかと本人も気にするようになり外出が億劫になったようです。

原因は加齢と言われますがやはり年齢が原因とわかっていても気になるものです。

いつまでも若くきれいでいたと願う女性にとって目元はとても大切です。年齢と共に目の周りの皮膚がたるんだり、シワが出来てしまうことは仕方のないことと思っていませんか?目元のシワやたるみの原因をよく知り、しっかり対策を取っておくことで、年齢に負けない目元を作ることができます。まずは何事も知ることが大切なのです。