魅力の涙袋がたるみに変身してしまう!日々のケアでハリのある目元に・・・

今やアイメイクをしない人は少なく、どうしたら魅力的な目になれるかと日々研究している若い子も多いものです。目はその人の印象を左右する重要なパーツです。ニコッと笑うと目の下の涙袋がぷくっと膨らむ女性を見ると、かわいいと感じますよね。下瞼のまつ毛にそった部分で大きさには個人差があります。

私が若い頃は内田有紀さんのようなぷっくりとした涙袋が欲しいと思ったものです。当時はそれほど、涙袋という言葉が流行ってはいなかったですが、女性にとっては憧れでもあります。

涙袋は若々しく印象づけたり、目が大きくかわいらしく見られるためとても人気です。メイクでも涙袋メイクや涙袋コスメなどといった言葉が流行するほどです。

若い女性の憧れでもある涙袋は、若い頃はぷっくりと下涙袋がチャームポイントだったのに、年を重ねるとそれが加齢とともにシミやシワ、弛みに代わって目立ってしまいます。若い頃は涙袋だったのに、年を取ると目袋と言われるようになっていきます。

もともと涙袋と言われていますが、涙が入っているわけではありません。涙袋は筋肉であり、年齢と共に筋肉が衰えたるんでいくのは仕方ないものなのです。若い頃は大きくてぷっくりした涙袋が自慢だったのに、年を取ると大きい分、弛みも大きくなって目立ってしまいます。

そんな涙袋の筋肉を衰えさせないために若い頃からしっかり、目の周りの筋肉「眼輪筋」を鍛えておくことが大切です。長時間パソコンや、スマホ、テレビを見ている人もまばたきをする回数が少なく、筋肉が衰えやすくなります。またあまり人と話す機会が少ない人も要注意です。

そんな人は下記を日常の生活に取り入れるといいでしょう。

思いっきり目を細めます。目を細めたままの状態で眉毛を上に引き上げ10秒キープし、眉毛を戻します。

またできるだけ頬を動かさず、片目ずつウインクする方法も効果的です。意外にやっていみると難しく、筋肉を鍛えてると実感できますよ。

そして目の周りにクリームを塗り、目頭から目尻に向かって優しくなぞるようにマッサージするのもおすすめです。目の周りの皮膚は薄いため、肌を傷つけないように行うのがポイントです。

若い頃は自慢だった涙袋が年を取った時に、老けて見える原因とならないように早め早めにケアしておくことが大事です。年齢と共に目元も皮膚も衰えていくことは仕方ないことですが、あきらめず、目元の弛みを改善し、ハリを取り戻せるように頑張りましょう。

年齢に負けない筋肉を作る!目元を動かしてハリを復活!

私たちの身体の皮膚の中で一番薄いと言われているのが目元の皮膚です。年齢と共に衰えやすい部位でもあり、パソコンやスマホが普及した現代ではまばたきの回数が減り、さらに目の筋肉が衰える結果になりました。また油分の多い化粧品を塗り重ねたりする部分であるため瞼の皮膚は特に衰えやすい部分なのです。

実は日本人の瞼は、外国人に比べて脂肪がつき易く、さらに表情もさほど豊かではないため、日本人の瞼は脂肪を支える筋肉を動かすことが少なく、脂肪がつき易いのです。目元にもお国柄が出るなんてビックリですよね~。なんでもオーバーリアクションにして表情を鍛えておくのも一つの手かもしれません。よく笑い、よく泣くこともいいことなんですね。

目の周りはリンパがつまりやすく、脂肪もたまりやすい部位です。なるべく筋肉を鍛えて衰えを防ぎたくてマッサージをする人がいます。しかし、自分で目の周りをマッサージすることはお勧めできません。目の周りの皮膚はとても薄くデリケートな部分であり、見よう見まねで肌を擦るようなマッサージをしてしまうと、弛みだけではなく、シミ、シワをまねく原因となりかねません。

顔には小さな血管やリンパが入り組んでいるためリンパの流れに沿って効果的なマッサージをすることは簡単ではありません。やり方を間違うと血管やリンパを刺激して血行障害を起こし浮腫んでしまうこともあります。そのため目の周りの筋肉を鍛えるには外側からではなく、筋肉を動かして内側から鍛えるようにしまうしょう。

まず目の周りの弛みを改善するには目の周りの「眼輪筋」を鍛えることが大切です。筋肉を鍛えることで、目の脂肪を支える力を取り戻すことができるのです。

眼輪筋を鍛えるには、目をゆっくりぎゅーっと閉じ5秒キープ。目の力を少しずつ抜いていき、次は眉をあげてパッと目を開き5秒キープ。これを繰り返し行うようにしましょう。

上瞼を鍛える方法もあります。まずは瞼の上に指を置き、そのままゆっくり眉をあげていきます。その時指は上がってくる瞼を下に抑え、動かしてはいけません。上瞼が伸びるところで5秒キープします。

また下瞼を鍛える方法もあります。口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします。そのまま目線をあげて鼻の下をのばします。下瞼を引き上げるようにして、細目にして5秒キープ。

目は印象を変えるとても重要なパーツです。確かに目の周りは年齢と共に衰える部分ではありますが、目の周りの筋肉を鍛えることで、皮膚を支えることができます。

電車の中や仕事の休憩中には恥ずかしいのでなかなかできませんが、お風呂など、リラックスできる場所でやってみてくださいね。

 

 

ちゃんとまばたきしてる?年齢と共に衰える目の筋肉を鍛えよう。

目元のハリがなくなった、目元が弛んできたと悩んでいる人は多くいるはず。30歳を超えたあたりから、急に目の周りのたるみやシワが出来たと実感する女性も多いのではないでしょうか?

目元が垂れ下がってきても加齢が原因で仕方ないと思っていませんか?もちろん加齢もその原因のひとつであるのは確かです。目元が弛む原因としてあげられるのが顔の表情筋が衰えていることがあげられます。表情筋は顔にある筋肉の総称のことで、30種類以上の筋肉があります。この筋肉を動かくことにより私たちの笑顔や悲しい顔、泣いた顔など表情を作り出すのです。しかし日常生活において使われている表情筋は全体の約30%に過ぎないのです。その中でも目を閉じる時に使われる「眼輪筋」、目を開くときに使う「上眼瞼拳筋」は特に衰えやすいと言われています。この二つの筋肉は皮下脂肪を支えており重要な役割をしています。

他の筋肉に比べて目の周りの筋肉は3分の1の薄さです。皮下脂肪は年齢を重ねるにことにより代謝機能が衰え、肥大化し、重力の影響で下に落ちてきます。目の皮下脂肪を支える二つの筋肉は薄いため、支えれなくなり垂れ下がってしまいます。また、美しくありたいがためにしているマスカラやつけまつげ、エクステなどはまつ毛を下方向に引っ張る結果となり、重さを支え切きれなくなりたるみを悪化させる原因となるのです。

また原因はこれだけではなりませんが、現代社会が影響しているのです。日常生活に普及しているパソコンやスマホ。暇さえあれば見ているという人も多いのではないでしょうか?ちょっとした待ち時間や電車の中などスマホを見ている人は多くいます。また仕事中でずっとパソコンを使用している人も多いですよね。それにテレビもそうです。何かに集中している時、人はまばたきの回数が減少します。まばたきの回数が減ると筋肉の使用量が減り、筋肉が衰え、結果目の周りをたるませてしまうのです。

自分の日常生活を振り返るとまばたきが減ったと実感できるでしょう。今ちゃんとまばたきしていますか?

こんなことでと思われがちでちですが、加齢以外にも目の周りの筋肉を衰えさす原因があります。意識的にまばたきを多くしたり、スマホやテレビ、パソコンを長時間見るのをやめるなど、目に良いことをすることも大切です。年齢と共に衰えてしまう顔の筋肉。少しでも衰えをなくすために、しっかり目をの周りの筋肉を鍛えるようにしまうしょう。