紫外線やエアコンが悪影響!まだまだあった目元を衰えさす原因とは・・・

いつまでも衰えてほしくない目の周りの筋肉。いつまでも目力のある印象的な目でいたいですよね。しかし目元は年齢と共に垂れ下がってしまうものです。さらに現代ではテレビやパソコン、スマホなどの影響によりまばたきをする回数が減り、さらに目の筋肉を弱める結果となってしまいました。

しかし、日常におて私たちの目を衰えさす原因はこれ以外にもあるのです。

まずは老廃物です。普段目の周りに何か特別なケアってしていますか?ほとんどの人が洗顔をして化粧水をつけて、保湿クリームをつける程度ですよね。しかし目の周りは何もケアしないと疲労により目の下の血流やリンパ液の循環が悪くなってしまうのです。そして不必要な水分や老廃物が溜まってしまいます。それが蓄積され、老廃物がリンパ管につまり、さらに流れにくくなってしまいます。そしてそれがむくみやたるみの原因となってしまうのです。

またエアコンや紫外線もよくありません。

今は夏場は猛暑。あまりの暑さからどこもかしこもエアコンがフル稼働していますよね。世の中はクールビズと言ってエアコンの温度を下げましょうとなっていますが、実際ガンガンに冷え切った部屋に入ることが多いのではないでしょうか?銀行や公共施設など涼しいところばかり。冷え症が多い女性にとって職場が辛いと感じる人もいるほどです。

紫外線を強く浴びたり、エアコンのよく効いた部屋にいると、乾燥を感じることはありませんか?

さらに年齢が上がると皮膚は乾燥しやすく、日常生活において肌の乾燥を感じることがあると思います。乾燥は顔全体の弛みの要因となってしまいます。さらに目の周りの皮膚は特に皮膚が薄く、皮脂腺も少ないため保水力が弱い部分となります。そのため顔の他の皮膚に比べてハリや弾力を保つ力が弱くなってしまいます。確かに乾燥肌な私はいつも目の下の部分の皮が乾燥で剥けてしまいます。その部分の保水力が弱いと聞くと確かに・・・妙に納得してしまいました。

そして肌の乾燥が起こると、肌内部のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化し肌の弾力が失われてしまうのです。そしてそれが目の周りの弛みを招いてしまいます。

目の周りの筋肉は薄い挙句に衰えやすい部分です。さらに乾燥や、紫外線のも影響しやすく、ちゃんとケアしてあげないといけない部分ですが、ついつい怠ってしまいがちです。目元は人の印象を左右する重要なパーツです。日頃からちゃんとケアしていくことが大切です。