年齢に負けない筋肉を作る!目元を動かしてハリを復活!

私たちの身体の皮膚の中で一番薄いと言われているのが目元の皮膚です。年齢と共に衰えやすい部位でもあり、パソコンやスマホが普及した現代ではまばたきの回数が減り、さらに目の筋肉が衰える結果になりました。また油分の多い化粧品を塗り重ねたりする部分であるため瞼の皮膚は特に衰えやすい部分なのです。

実は日本人の瞼は、外国人に比べて脂肪がつき易く、さらに表情もさほど豊かではないため、日本人の瞼は脂肪を支える筋肉を動かすことが少なく、脂肪がつき易いのです。目元にもお国柄が出るなんてビックリですよね~。なんでもオーバーリアクションにして表情を鍛えておくのも一つの手かもしれません。よく笑い、よく泣くこともいいことなんですね。

目の周りはリンパがつまりやすく、脂肪もたまりやすい部位です。なるべく筋肉を鍛えて衰えを防ぎたくてマッサージをする人がいます。しかし、自分で目の周りをマッサージすることはお勧めできません。目の周りの皮膚はとても薄くデリケートな部分であり、見よう見まねで肌を擦るようなマッサージをしてしまうと、弛みだけではなく、シミ、シワをまねく原因となりかねません。

顔には小さな血管やリンパが入り組んでいるためリンパの流れに沿って効果的なマッサージをすることは簡単ではありません。やり方を間違うと血管やリンパを刺激して血行障害を起こし浮腫んでしまうこともあります。そのため目の周りの筋肉を鍛えるには外側からではなく、筋肉を動かして内側から鍛えるようにしまうしょう。

まず目の周りの弛みを改善するには目の周りの「眼輪筋」を鍛えることが大切です。筋肉を鍛えることで、目の脂肪を支える力を取り戻すことができるのです。

眼輪筋を鍛えるには、目をゆっくりぎゅーっと閉じ5秒キープ。目の力を少しずつ抜いていき、次は眉をあげてパッと目を開き5秒キープ。これを繰り返し行うようにしましょう。

上瞼を鍛える方法もあります。まずは瞼の上に指を置き、そのままゆっくり眉をあげていきます。その時指は上がってくる瞼を下に抑え、動かしてはいけません。上瞼が伸びるところで5秒キープします。

また下瞼を鍛える方法もあります。口を「お」の形にして鼻の下を伸ばします。そのまま目線をあげて鼻の下をのばします。下瞼を引き上げるようにして、細目にして5秒キープ。

目は印象を変えるとても重要なパーツです。確かに目の周りは年齢と共に衰える部分ではありますが、目の周りの筋肉を鍛えることで、皮膚を支えることができます。

電車の中や仕事の休憩中には恥ずかしいのでなかなかできませんが、お風呂など、リラックスできる場所でやってみてくださいね。