若くても安心できない!目元のクマを消すアイクリームとは・・・


目元に悩みを抱える女性は多くいます。年齢が上がるにつれて目元の弛みやシワが気になりだしますが、まだ若いと思っている30代も例外ではありません。30代の女性にとって悩みが多いのが目元のクマです。クマと言っても実は種類があり、3つに分けられるのです。
目元のクマは青クマ、茶クマ、黒クマがあります。
青クマは言葉の通り、クマが青くなっているものをいいます。目元の皮膚は1mm以下ととても薄いもの。それにより毛細血管が透けて見え、青く見えるというわけです。しかし常に青くなっているというわけえはなく、その日の体調によって左右されるため、寝不足や疲労、パソコンによる目の疲れなど日常生活が影響しています。
次に茶クマです。下瞼だけでなく全体に茶色っぽくなるクマです。シミ程度のものからメラニン色素が沈着したものまであります。乾燥や紫外線、メイクなどの理由から出来ると言われています。
そして最後に加齢を原因とした黒クマです。加齢により目元の筋肉や皮膚が弛みクマとなります。影っぽく見えて黒く見えるのが難点です。中には生まれつきの骨格が原因でクマができやすい人もいます。
私の友人にもクマが黒くて気になると言ってコンシーラーで隠している友人がいました。まだ20代でもクマができないとは言いきれません。もともとの目の形、骨格の形からクマができやすい人もいるのです。
まだまだ若いのにクマが出来て消えない。きれいな目元でいたいと思う人は30代向けのくま用アイクリームの使用をおすすめします。化粧水や美容液で十分なのではと思われがちでちですが、アイクリームはとても優秀なんです。それぞれのクマの種類によってアイクリームを選ぶことができるほどたくさん種類のものが販売されています。

クマができると気になるのが色素沈着です。クマに色がついてしまうと遠くから見てもクマが出来ているとわかったり、不健康そうに見られてしまいます。まだまだ若いのに年齢よりも上に見られたりすこともあります。アイクリームには美容成分としてハイドロキノンが含まれているものもあります。とても成分の強いものなので使用方法を守ることが大切ですが、シミの原因となるメラニン色素を予防してくれたり、メラニン色素を生成する細胞そのものを減少してくれる働きがあり、茶クマを消すことも夢ではありません。
アイクリームは様々なものが発売されており、お手頃なものから値の張るものまでたくさんあります。自分のクマの性質をよく知り選ぶようにしましょう。